鳥取県 倉吉市の歯医者さん ちか歯科クリニック

歯科・口腔外科・小児歯科・矯正歯科

ホーム > 小児歯科

小児歯科

 幼少期の歯医者への印象は、その後の歯医者との付き合いに影響をあたえるものです。 まずは、
「歯医者は怖いところではない」ことを知ってもらい、通院が苦にならないよう心がけています。

 

そのため、以下の様な方針を取っています。

 

待合室にはキッズルームもあります

保護者の方へ:仕上げ磨きの重要性


虫歯を作らないためには、歯の汚れをしっかり取り除くことが重要です。お子さんが歯磨きをした後は、保護者の方が必ずチェックをして、仕上げ磨きを行って上げて下さい。糸ようじの併用もお勧めしています。


仕上げ磨きは、一般的に6歳臼歯が生えて3年間(9~10歳)くらいまで行った方が良いと言われています。 ですが、小学6年生で良い歯のコンクールに出場するようなお子さんでも、第2臼歯が虫歯や歯肉炎になっていることがあります。
当院では最低、第2大臼歯が生える小学校卒業までは仕上げ磨きを行うように指導しています。

 

保護者の方々へ:定期的な健診をお勧めします


お子さんが重度の虫歯になってしまうと、治療が困難になるだけでなく、歯医者嫌いにつながることがあります。
健康で美しい永久歯を育てるためにも、平常時の定期健診を強くお勧めします。


定期的な健診により、歯のそうじやフッ素塗布などの予防で住んだり、早期に初期虫歯が見つかれば、痛みがない治療で完了することができます。 そうすることで歯医者への恐怖心が生まれないだけでなく、歯を大切にする習慣を身に付けることができます。
当院では、虫歯がない・または少ないお子さんの場合、フッ素塗布は無料です。(多い場合は有料(保険適用)となります)

 

学校健診

当医院は、先代となる義父の川西歯科医院から、みのり保育園、小鴨小学校、倉吉農業高校の学校歯科医を務めています。

小鴨小学校では「学校保健委員会」で父母の方々や先生方へ、歯科衛生に関する指導・助言を行っています。また、歯磨き指導を当院の歯科衛生士が行っています。